任意売却

任意売却とは?

 

任意売却とは、住宅ローン・借入金などの支払いが困難になったとき、債務者(所有者)と債権者の間に不動産業者が仲介に入り、不動産を競売にかけずに所有者・債権者・買主の納得のいく価格で売却を成功させることです。

 

金融機関(債権者)は不動産を差押え競売の手続きにより強制的に資金を回収しようとします。競売の場合、落札されるまでは価格はわかりませんが、一般市場価格の6割~7割程度になることが多く、売却代金で債権者への返済か不足した場合、不動産を処理されたにもかかわらず、借金が余計に残ってしまい債権者及び債務者にとっても好ましくないことです。

 

そこで、私たち不動産業者が仲に入り、債権者すべての同意を得て、いずれは競売される不動産を一般不動産市場に売りに出し、市場価格に近い価格で売却をするのが目的です。
 
 
競売のデメリット   任意売却のデメリット
任意売却を知らないと、相談が遅れることで、競売による安値売却に至るケースが多くあります。   一般の不動産市場で売却することにより、競売よりも高く売却することが出来ます。

・市場価格より非常に安い(6~7割)

・債権者(金融機関)の決定で売却される

・残債が多く残る

・近所に競売が知られ裁判所から調査が来る

・引越代は出ない

・強制退去を命じられる場合もある

 

・市場価格に近い価格にて売却出来る

・債権者(金融機関)の合意のもと、自分の意思で売却できる

・残債を少しでも減らすことができる

・近所に事情が知られない

・引越代を確保しやすい

・身内の協力次第で住み続けられる場合もある

 
 
○返済が滞ると債権者(金融機関等)に住宅を競売にかけられてしまうこと
○競売は債権者(お金を借りている人)にとってはいろいろな面で不利だということ
○競売より任意売却の方が非常に有利だということ
 
競 売   任 意 売 却

競売価格

2,600万円

差額

▼1,400万円

市場価格の60~70%

 

一般市場価格

4,000万円

任意売却であれば、市場価格

と同じ金額で売却可能です!

 
また、競売とは違い、任意売却した後残った借金は、その支払いについて債権者(金融機関等)と話し合うことが出来ます。これも大きなメリットです。
結果、生活に支障のない範囲(月1万円等)で返済計画を立て直し、再スタートすることが可能です。