自己破産のメリット・デメリット

住宅ローンの返済が困難な場合は、自己破産を選択することもできます。

 

裁判所に申請(申し立て)することにより、持っている財産を手放した上で、借入金(債務)を全額免除してもらう手続きですが様々な制限を受けます。
 
自己破産手続きには、弁護士さんの費用などを要します。
無料でできるわけではありませんので自己破産手続きができない人もいるほどです。
 

 

自己破産のメリット
 

税金等の一部は免除されないものもありますが、借金がゼロになり債権者からの取立てがなくなり精神的には楽になります。

 

自己破産のデメリット
 
不動産を含めほとんどの財産を失うことになります。更に破産者本人の借金は免除されたものの連帯保証人がいる場合は、残債の支払いを連帯保証人が負うことになり多大な迷惑をかけることになります。
 
生活面ではクレジットカードが作れなくなり、ローンを組むことも難しくなります。
 
仕事面では破産手続き中の場合、資格が制限され仕事が続けられなくなる場合があります。
 
その他国が発行する管報に記載され破産者と周囲に知らされ、破産者名簿等にも記載されます。
 
以上のように自己破産はデメリットの方がかなり大きいのです。
 
それでも自己破産を選択するのであれば、自宅を売却し資産がない状態にしてからの方が破産手続きにかかる費用が安く、手続き完了までの時間が短く済みます。
 
至急お問合せください!
 
 

back → 任意売却とは

next → いつ相談すれば良いの?